お手伝いタクシーにつきましては、旅客自動車運送事業運輸規則に基づいて、営業しております。
詳しくは、下の規則内容をご確認くださいませ。

(物品の持込制限)

第52条 一般乗合旅客自動車運送事業者の事業用自動車を利用する旅客は、次に掲げる物品を自動車内に持ち込んではならない。ただし、品名、数量、荷造方法等について、別表で定める条件に適合する場合は、この限りでない。

一  火薬類(火薬類取締法(昭和25年法律第149号)の火薬類をいう。ただし、50発以内の実包および空砲であって、弾帯または薬ごうに挿入してあるものを除く。)

二  100グラムを超える玩具用煙火

三  揮発油、灯油、軽油、アルコール、二硫化炭素その他の引火性液体(喫煙用ライター及び懐炉に使用しているものを除く。)

四  100グラムを超えるフィルムその他のセルロイド類(ニトロ・セルローズを主材とした生地製品、半製品及びくずをいう。)

五  黄りん、カーバイト、金属ナトリウムその他の発火性物質及びマグネシウム粉、過酸化水素、過酸化ソーダその他の爆発性物質

六  放射性物質等( 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行規則(昭和35年総理府令第56号) 第18条の3第1項 の放射性同位元素等並びに 核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和32年法律第166号) 第2条第2項 の核燃料物質及びそれによって汚染された物をいう。)

七  苛性ソーダ、硝酸、硫酸、塩酸その他の腐食性物質

八  高圧ガス( 高圧ガス保安法(昭和26年法律第204号)の高圧ガスをいう。ただし、消火器内に封入した炭酸ガス及び医薬用酸素器に封入した酸素ガスを除く。)

九  クロル・ピクリン、メチル・クロライド、液体青酸、クロロ・ホルム、ホルマリンその他の有毒ガス及び有毒ガスを発生するおそれのある物質

十  100グラムを超えるマッチ

十一  電池(乾電池を除く。)

十二  死体

十三  動物(身体障害者補助犬( 身体障害者補助犬法(平成14年法律第49号)の身体障害者補助犬をいう。)及びこれと同等の能力を有すると認められる犬並びに愛玩用の小動物を除く。)

十四  事業用自動車の通路、出入口又は非常口をふさぐおそれのあるもの

十五 前各号に掲げるもののほか、他の旅客の迷惑となるおそれのあるもの又は車室を著しく汚損するおそれのあるもの

インターネット・メールでのお問い合せは下のボタンから

お問合せはこちら

疑問な点、気になる点がございましたら、お気軽に。
お問い合せは、こちら(受付時間 10:00〜17:00)017-763-1221